パワードブック・ダイアローグ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の『名探偵モンク2』 第5話「警部愛妻物語」

<<   作成日時 : 2005/04/30 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

通算第26話「警部愛妻物語」(2005年4月26日放映・45分)
今週は「小技」オンパレードの脚本が楽しめる。自主映画の制作をつづけているストットルマイヤー警部の妻カレンが車の事故に巻き込まれて頭部損傷の重態になる。レッカー社の運転手が狙撃されて、牽引されていた乗用車にぶつかってしまったのだ。一時は意識不明だった妻の「復讐」に燃えた警部は、輸送組合のボルストンがスト破りをした運転手を殺させたのだと断定して捜査をはじめる。事故現場には狙撃犯の裸足の足跡があり、しかも死んだ運転手も裸足だった。一方、現場で子犬を見つけたシャローナは飼い主のエヴァンという青年と顔見知りになる。

「小技」というのは、具体的にはこんな感じ──。
@朝、妻を送り出す手伝いをしていたときのストットルマイヤー警部が裸足 → 狙撃犯も裸足だった → 被害者も裸足だった → なぜみんな「裸足」だったのか?

Aいつもの係員がゴミ収集に来ないと文句をいうモンク → 終盤で犯人が証拠品を捨てたゴミを収集したのが同じ係員だった → 係員はモンクを見て意味なく逃げる → それを追いかけていったモンクが、何と最後は収集車に飛びつく(エンドタイトルにも使われているシーン) → いったい何が彼にそこまでさせたのか?

Bトゥルーディにもらった時計(すでに精確でない)を買い換えることでいい加減に「吹っ切れ」とモンクを諭す警部 → 今週の名セリフ「警部の今の状況を、私はずっと生きている」 → 事件解決後、時計を大事にするように勧める警部(「吹っ切るなんて無理だ」)

Cシャローナと一緒にエヴァンの家にいったモンクが、隣家の「日時計」の向きを修正して怒られる → 警部の2人の息子(ジャレットとマックス)を食事に連れていかねばならなくなったモンクが丸テーブルの位置を戻そうとして日時計のことを思い出す → 警部が組合への突入を命令する直前に事件解決へ

……「小技」、効いているでしょ?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の『名探偵モンク2』 第5話「警部愛妻物語」 パワードブック・ダイアローグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる